katsuoyuuki 勝男 結城

三島ケイハは写真芸術に恋する若者大学生です。 感情的な大発生の神秘的な世界的危機の真っ只中に、ケイハは彼のために現れ始めた「カタソリウム」として知られる現実の隠された部分に驚いています。 彼の忠実なメンターである梅垣サトーと一緒に、ケイハはカタソリウムの呼びかけを受け入れ、彼自身の感情の力を利用して、大きな感情の崩壊の原因をすべて破壊します。


Adventure Not for children under 13.

#katathorium #mishimakeiha #umegakisatou
0
2.3k VIEWS
In progress - New chapter Every 30 days
reading time
AA Share

フロンティア

人間の感情は、今日まで、私たち全員にとって大きな謎です。 これらは、合理的な思考を超える真の行動の衝動であり、「生きている」という新しい認識レベルに私たちを導きます。


感情として私たちが知っていることの感覚と広がりは、私たちが想像できるものをはるかに超えています。

それは海、空、陸、山、そして最も強力な火山の嵐と噴火、氷の山と最も広い峡谷、そして惑星の最も深い亀裂にも存在します...


最後に、私たちの中で。


すべてを取り囲み、すべてに触れ、すべてをつなぐエネルギーは、常に肉眼から隠されているその偉大な起源に存在し、休むことなく絶えず更新されています。


私が文字通り肌に現れて肌に焼ける最も純粋な感情を感じたと確信できます。


私は感情の本当の顔がどのようなものか知っているからです。

行ったことがあるから。

フラッシュ!


カメラから閃光が放たれた。ある瞬間に、世界の断片がデジタルディスプレイ上で不滅にされました。明るい花の茂みの真ん中にある緑の葉の上で休んでいる白い蝶のシンプルな画像がキャプチャされました。


カメラの後ろには、茶色の短い髪の若い男が頭の後ろに近く、かさばっていましたが、先端がわずかに尖っていて、美しくモダンなヘアスタイルを形成しています。彼の水色の目は常に、男の子が自分でやろうとしていることに焦点を合わせていました。


男の子は人差し指で、今度はフラッシュを発射せずにもう一度クリックしました。彼は注意深くそして情熱をもって安静時の昆虫の詳細を記録しました。彼は固有の好奇心に駆られて、さらにクリックしました。


繊細な白い蝶が飛ぶのに時間がかかりませんでした。若いアマチュア写真家は、彼のミューズの羽ばたく翼に驚いて、彼女の優雅な軌跡を通して彼女に続いていた彼の目をわずかに広げました。


ケイハは微笑んだ。


次に少年は大学の建物に向かって歩いた。京管城大学のキャンパスにいました。彼は人々が話しているのを聞くことができましたが、彼は話題を気にしなかったようです。 彼は自分の興味に注意を払いました。


勉強の別の日。


彼はそこにあったエレベーターの1つに近づきました。


「上がっていく!」 エレベーターの中の従業員は言った。


ケイハは時間をかけて入りました:


「上がっていく ... !」彼はつぶやいて、繰り返した。


彼は細くて背が高く、少年は、灰色と青の格子縞のセーターの下で、最後のボタンにボタンを留めた、申し分のない白いシャツを着ており、袖は暗い色合いでした。


それはかなり快適に見えました。


彼のズボンは袖に合った、磨かれた茶色の彼の靴は彼の髪に合いました。彼は彼の左肩に青と茶色のメッセンジャースタイルのクロスボディバッグを運びました。


ケイハは人を見ませんでした。彼の目は彼の心の垣間見るために浮かぶでしょう。


「ディン!」目的地に着くとエレベーターに乗った。


"四階!" と従業員は言った。


その少年は感謝して金属小屋を去った。


「ありがとうございます。」


彼の道をたどると、反対方向にやってきた彼の道を横切った女の子から、非常に短い時間、注意が向けられました。


「 やあ、ケイハくん!」 彼女は彼を通り過ぎて笑って、それから手を振った。かわいいと思った。少年はうなずいて、自分の存在を再確認した。


歩くのをやめることなく、彼は再び呼ばれた:


「よお!三島さん!!」 彼は走り回って、別の男の子が走っていて、すべていじりました、おそらくいくつかのクラスに遅れました。


意欲的な写真家はただ笑って、見ていた。


数分後、ケイハはついにロッカーセクションに到着した。並んだキャビネットは、非常にニュートラルなシルバーの色調でした。その瞬間、廊下はより空になり、それで沈黙が支配的になりました。


しかし、クローゼットに直面すると、少年は一瞬止まりました。 疑いは彼の顔に落ち着きました。 彼は指摘した:


へこみがあり、こぶしが入ったドアに亀裂がありました。


それは悪かった。


初めに、茶色の髪の少年は少し急いでロッカーを開けました。

そして彼は驚いた:


「収差」


キャビネッの底に血の色で激しく書かれ、インクが垂れました。

彼のノートはどこにでも散らばっていた。通常、最も暗い色から最も明るい色まで、すべて青の色合いで色分けされています。しわくちゃの紙でできたボールもあり、少年のロッカーに投げ入れられました。混沌だった。


ケイハのきらきらと輝く目は、光を失いました。彼の顔は特徴的な悲しみに溶け、ほとんど無神経でした。ショック後、彼はそれをすべて落胆させた。


ロッカーの前にしばらく立って、彼は解決策を取ることにしました:彼はすべてのノートを取り出し、1つずつバッグに入れてから、紙のボールを集めて展開しました。


それが終わったとき、彼はこれらの中で、彼に対するために風刺画が作られていることを見ることができました。彼はため息をついて無視した。


彼はロッカーの底を掃除し始めました、彼は片方の手で隣のロッカーのドアにもたれかかって外に寄りかかり、紙を下にしてインクにできるだけ強くこすりつけて葉を出血させました。


明らかに動揺して、彼は終わったときに目を閉じた。彼は紙を手でくしゃくしゃにして捨てた。それから彼はロッカーのドアに寄りかかった。壊れると、それは役に立たなくなりました。


「彼らは再びあなたを悩ませていますよね?」声が聞こえた。別の男の子。


驚いたことに、水色の目をした少年はすぐさま頭を向け:


ロッカーセクションに背中と足を、コートのポケットに手を入れた彼は、ケイハより少し背が高かった。彼はまっすぐでクールな髪を持っていて、スタイルはたくさんあり、それは首のうなじに行き、フリンジがより快適でした。髪は茶色ですが、アマチュア写真家よりも明るい色でした。彼の目も青く、暗く、明るさがありませんでした。彼は長くて少し尖った鼻とやや厚い眉をしていた。彼は左耳からぶら下がっている黒いイヤリングのようなアクセサリーを身に着けていた、金属のネックレス、半分は黒、半分は銀。


服のように、彼は白いデザインのラインが入った暗いシャツを着ていたので、ある時点で、彼は彼の服の闇に消えていくように見えました。非常に繊細な花のデザインを形成しました。その上に、濃い青で彩度の低い、美しい色合いの広いフード付きコートがありました。彼はそれを開いて着ていた。彼はケイハの目を真っすぐに見た。


「おはようございます、親愛な。」


サトーは微笑んだ。


「サトー先輩…」ケイハは言った。彼は落ち着いた。悲しい笑みで、彼は少し頭を下げて目をそらした、いつものように…「心配しないで、大丈夫です。」述べました。


「そのようなことをあなたに何回やらせますか?」退役軍人は彼の穏やかで忍耐強い声のトーンを放棄することなく尋ねました。彼の柔らかく、思いやりのある声は、たとえ深刻であったとしても、心地よいものでした。


ケイハは、ナイーブではないとしても、何らかの否定や頑固さで、再び沈黙した。少しコストはかかりましたが、彼は目の前でサトーに会うために目を向けました:


「ごめんなさい、サトー先輩…これらの男の子にこれ以上の問題を望まないだけです。」


二人は一緒に歩き始めました。背が高い方はいつもケイハの隣に立って、彼の友人の背中に手を置いた。


「わかりました。しかし、あなたのこの態度は奇妙な解決策のようです、思いませんか?」


答えは無かった。鮮やかな水色目をした少年は今、落ち着きのない目をしていた。


サトーは続けた:


「ね…彼らがあなたに最悪のことをするまで、それを無視するつもりですか?俺は心配だ。」


「部署や市役所に苦情が出た場合、さらに悪いことに少年たちが戻ってくるのではないかと心配です。」ケイハは答えた。

サトーはため息をつき、片手で髪をなめらかにした:


「そして、私は怖いです。あなたの心を失ってほしくないも。」


ケイハは彼の自然な甘さで彼の仲間の方向を見て、彼に答えるだけでした:


「えっ?でも、僕の心はいつも僕の中にあります!」


単純な笑い声を出して、サトーは自分自身を説明しようとしました:


「それは私が言った意味ではない、ケイハ...」


廊下を横切ると、少年たちは他の学生と同じように大学の建物を通り抜けました。彼らが通過した場所はどこでも、すべてが適切でにありました: 階段の横にある噴水、いつものコーナーにあるゴミ。壁にはテレビ。


ニュースでさえ何ヶ月も言われていたものに似ていました:

「中国が緊急事態を発表。」


「アメリカは、精神科サービスの需要が350%増加しています」

「東京では症例数が増加しています。」


「ああ..! はい、ニュースも見ました。」ケイハは言った。彼はいつもの机に座った。彼は朝の時間帯に太陽が顔に触れるのを感じるのが好きだったので、その部屋の窓際に座るのが好きで、それが彼の最高の機会でした。


サトーは空の机を引っ張ってケイハのすぐ隣に座り、他の教室の組織とは一線を画していた:


「連鎖反応として、すでに「今年の現象」と呼ぶ人もいます。」彼はコメントした。「知られている限り、共通の原因もありません...」

はっきりしていなくても、意欲的な写真家は注意深く耳を傾け続けました。彼は人ではなく物事を見ました。ケイハは目で窓の細部まで探索しました。


「さらに、それが非常に急速に広がる方法が非常に奇妙で、常に新しいコーナーから出現している、それはただ怖いです...!そう思いませんか?」サトーは質問した。


沈黙の一瞬の後、ケイハは低い声で、他の人と同じように思慮深く話しました。彼はサトーと結論を出そうとした:


「それはパーフェクトカタクリースムです。」


サトーは、片手で頭を下にして、体を財布に落とし、うつぶせになりながら、心配そうにケイハに向かって微笑んだ。ベテランは彼の手で髪を後ろに投げ、ストランドを指にスライドさせました。


そのとき、教室のドアが開く音が聞こえたとき、少年たちの目は先生の散歩に続いていました。短い、はげかかった男。先生が到着すると同時に、その時まで立っていたり、話していたり 、ぼんやりしていた生徒たちは、規律を持って席に着きました。


「サトー先輩、後でこれについてお話ししてもいいですか?」ケイハはコンパニオンを見ながら言った。彼の熱意を隠すことさえできなかった:少年の目は細くなり、彼の喜びはとても大きかった。結局のところ、彼のお気に入りのテーマに真っ向から飛び込むのはまた別の日でした。


「もちろん、親愛な... 」サトーは答えた。彼は今、手で顔を支えていました。彼は親友に微妙に微笑んで、彼のだらしない目で、彼の目で明らかな情熱的な感じを賞賛しました。


ケイハの情熱と幸せは、そこにいたすべての人とつながりました。

時間が過ぎました。


その授業は4時間続いた。


とうとう正午がやってきた。


先生たちが去った後、生徒たちは少しずつ部屋を出ていった。ケイハは財布から起き上がった。佐藤はすでに立っていて、別の財布の上で手を支え、友人が席を離れる通路を解放しました。


部屋から出て行くと、少年たちはお互いに近づきました:


「あなたが休憩するのは今日ですよね?」ベテランは尋ねました。

「そのとおり ..!午後3時に授業があります。」ケイハは答えた。

「承知しました...私は今行く必要があります。別のクラスがあります。」


サトーは隅で微笑んだ。彼は微妙に鼻を鳴らした:


「それまで... 」


疲れた顔をした若い男は、左手を友達の顔に向けました。ケイハの頬に優しく触れた。彼の表情で、笑う:


「元気でいてください、親愛な。」


非常に表現力豊かな目を持ち、大きく純粋な純粋さが溢れるケイハは、心地よい笑顔で彼の顔をリラックスさせました。彼のメンターの目を見ました:


青いの色調が混ざっています。


お別れのあと、男の子たちは大学で別々の道を行きました。三島ケイハはトイレに行きました。彼はそこで自由時間の一部を過ごします。意欲的な写真家がトイレに閉じこもりました: それは誰かが持つことができる究極のプライバシーでした。


再びカメラを手にした少年は、以前に撮った美しい写真を見ながら優しく微笑んだ。彼はそれをするためだけにそこに向かった、それだけ。


最後に、彼は再び、優雅さの中に彼の繊細な白いミューズを見ることができました。


沈黙の中で、彼はデバイスの進むボタンと後退ボタンを押して行き、戻って、自分が取り込んだ画像を賞賛しました。


しばらくの間、彼は誰かがトイレに入る音を聞くことができましたが、彼はそれを無視しました。


もう無視できなくなるまで。


「あああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 」


クラッシュ!!!!


叫び声に続いて、衝撃によるガラスの割れる音がケイハを震え、彼をコンフォートから降ろしました。びっくりして、彼はじっと立って、正面を向いて、冷や汗をかきました。震えていました。

彼は周りを見回した。彼は自分にできることを考えた。彼は少しの間移動することなく、ドアのロックを解除して、静かに、押すことにしました。


そして彼を見た:


非常に短い黒いとスパイクし髪をした背が高くて強い男の子で、バスルームの鏡の前で。彼の硬いこぶしはガラスの真ん中に突き刺さっていました。彼の手は出血していた。衝撃は非常に強かったため、ミラー全体を割ることができました。


その少年は黒いノースリーブのシャツしか着ていなかった。彼の背中に、その漢字あります:



「武田?!」ケイハはその図を見たとき、微妙に目を広げたと思った:


彼の右手から血が垂れた。


強い少年は警告なしに左手をひびの入った鏡の上に置いたので、反対の方向に自分を押して、鏡から手を引っ張り出しました。全部切りました。


共感的で恐れはありますが、ケイハはカメラを手に立ち、彼のそばに置いていたバッグを手に取り、男の子に向かって静かに話しました。


「武田さん、大丈夫ですか?」


目を明るくした青年は、武田の左肩に慰めの手を上げました。


そして彼は大きな間違いを犯した。


ほんの一瞬で、ケイハが肩に触れる前でさえ、武田はケイハの前腕をつかみました。


非常におびえたケイハの顔が最初に反応した。彼の甘い表情は微妙におびえていますが、痛みに変わりました。彼の歯はびびり、片方の目が引き締まった。彼は武田の手が彼の肉を押しつぶすのを感じた。

「触らないで…三島」


「ガー!!」ケイハ痛みでうめいた。


突然の強さの単一の調整された動きで、最強の青年は躊躇しませんでした:彼は容赦なくケイハの腕をひねり、青年に叫び声をあげ、カメラを床に落としました。


武田はケイハの腕を強制し続け、彼を苦しめた。

「お前..お前は俺の心を苦しめているの人さ!!」


ケイハはどうにか反撃することができなかった。とても痛いので、腕がもう我慢できなくなるまで叫び続けながら叫んだ。


彼の肩は脱臼していた。


突然、別の残忍な動きで、武田は無力な青年を首で掴み、窒息させているかのように壁に強く押し付けた。ケイハは口を開けて目を大きくし、衝撃から震えていた。


「この世界から姿を消しませんか?なぜお前は俺を苦しめると主張するのですか?!」


話す力がなければ、被害者の声は弱く、活気がありませんでした。 彼は呼吸に問題がありました:


「武田..目を覚ます..これはあなたではない..」


「違う。それが俺の本当の顔が。」

...


すべてが暗くなりました。


しばらくの間。


いくらか分からない。


...


三島ケイハは4階のトイレの床に横になっていた。ドアは半分開いていました。音が出なくなった。


大学生のカメラには、レンズにひびが入っており、床に横たわっていた破片がありました。


力がなかったが、彼はなんとかゆっくりと目を開けた。もう輝きはありませんでした。もう見ませんでした。


遠くから来る;ぶんぶんいう音。彼とともに、やっと音が再現された:


悲鳴。絶望。


ドアが半分開いているので、多くの学生の急いでいる足が見えました。彼らは走りました。いくつかはつまずき、絶望に陥り、再び走り始めました:カオス。


ケイハの見方はぼやけていました。


そこで彼は動かずに立ち、口を完全に閉じることすらできなかった。死んだ彼の顔には、彼の目から涙が流れていました。

そして、誰か彼の涙に答えました:


ケイハ!!


梅垣サトーが浴室のドアをバタバタ開けてやってきた。


仲間がいた様子を見て、サトーは恐怖でドアを閉めた。


忠実な従者はある絶望の中で親愛なる友人に駆け寄りました。彼はケイハの手首に触れて青年の脈を感じた。すぐに、彼は立ち上がって、彼のすべての意志力で彼の友人を連れてきました。


「いこうぜ、ケイハ!!ここから出なければならない!!」サトーは、ケイハは歩くのを手伝って、真面目で力強く叫んだ。


ベテランは心配する以上に、少年を流しに連れて行き、蛇口をつけた。サトーは、彼を掃除することに加えて、彼を目覚めさせようとして、ケイハの顔に水をかけた。


「さあ、ケイハ!!生命の兆しをください!!」


「サトー先輩… ありがとう…」


ストレートの髪の青年は少し涙を流す前に目を大きく開いた。悲しみの微笑んでした。


「大丈夫だよ。私たちはただ行かなければならない!!」


「学生たち… 大丈夫でしょうか?」三島は尋ねた。


サトーは答えられなかった。


どちらもすぐに、末っ子をサポートするために失敗することなく、ドアに向かって行きました:


「早く走らなければならない!!」


サトーは差し迫った混乱に直面するためにドアを開けました。


そしてケイハと渡った。


...


沈黙がありました。

最も絶対的な沈黙。


そして最も完全な沈黙の中で、彼らの目は広がった、


カタトニアで。


...


空は暗かった。夜のように暗い。苦しみを終わらせるために最も装飾された夜。


星で満たされたオーロラが見えました。すべての害からそれらを救ったオーロラ。


地面には草があり、畑がありました。しだれを止める平野。


青はどこにでも草全体に広がる花でした。


永遠の月明かりに照らされ、それはその場所の平原でした。


「この場所は何ですか?」サトーは尋ねた。


「この場所は美しいです。」ケイハは答えた。

Sept. 13, 2020, 2:19 a.m. 0 Report Embed Follow story
0
To be continued... New chapter Every 30 days.

Meet the author

Comment something

Post!
No comments yet. Be the first to say something!
~

Related stories